Category Archives: 海外取引・貿易実務

安易な機械翻訳は時として経営マターに繋がる理由

翻訳もクラウドソーシングを使用して個人にお願いすれば数円から、業者では20円前後やそれ以上と、一文字いくらと考えると安く見えますが、例えば原稿用紙400字を英訳する場合に、原文1文字で仮に20円にすると8,000円にもな […]

海外取引と国内取引の違いを押さえる

今回は海外取引とは何かに関して、その全体像をつかむために国内取引との違いをざっくりと頭にインプットしましょう。海外マーケティング・海外営業の実務を効率的に進めるためにも枝葉を見る前に、まずはざっくりでも良いので森を押さえ […]

越境ECの輸送方法に迷った時はこう考える。

越境ECをこれから始めようというモノづくり企業さんも多いと思います。そんな時に否が応でも考えなくてはいけないことが輸送手段になります。慣れない中でいざ調べてみると様々な貿易にまつわる単語に出会います。 乙仲?フォワーダー […]

インボイスとパッキングリストって何?

乙仲業者にコンタクトを取ったら、会話の中でこちらで用意するものとして「インボイスとパッキングリストを作ってください」と言われますよね。また、企業に所属しているなら上司からインボイスとパッキングリストを急ぎで作ってくれなん […]

乙仲/フォワーダー/海貨業者/通関業者: 何が違う?

これから貿易実務を始めようと調べ始めた時に、よく見聞きする登場人物。乙仲、フォワーダー、通関業者、海貨業者。ある人は乙仲と言い、別の人は通関業者と言い、また他の人はフォワーダーと言い、とはいえ、教科書的な本では海貨業者と […]